camera
 PRO COURSES
settings
Advance Reservation
先行予約購入
settings
Affiliate Partner
アフェリエイトパートナー

君と逢える約束の場所 Chapter4-2

A Promised Place
- I Wish To See You There

Tina: Takeru, Takeru. Are you all right?

Takeru: Eh! Yes…

Tina: About tomorrow’s schedule, I want you to look over our test result of the solution of separation in the future. We were asked by your father to examine it a long time ago.

Takeru: Ah-hh, Yes.

Tina: I’ll see you in the laboratory.

Tina went away with the words. I was a little lonely.

Am I already in love with her, aren’t I?

The next day, Tina studies with Takeru at the laboratory.

Tina: As I consider “I” or the self (separation) exists, I think the people in the future desperately protect, fight, conflict, make a scheme, and feel anxious. Therefore, the future is made into a world of pain. What do you think?

Takeru: Do you mean we suffer and feel the pain to protect the self, which should exist, but in reality, should not?

Tina: Definitely so. We, in one being, don’t have separation and everything is connected as one. That’s what we don’t have a desire. Right?

Takeru: I see. Not being divided means no ego. No self wants to protect. Everything is melting into one being. There is no outstanding self from there. No self that it wants to protect that is, we are not afraid. And neither ambition nor desire of ego. And I don’t care about me. I feel comfortable because I don’t have to fight. It is natural because I don’t exist.

Future people believe that there are enemy and ally, and the self and the other. Therefore, we people in the future are separated and kill each other for self-protection. Am I right?

Tina: It may be right.

Takeru: It’s terrible. What shall we do? This thought of mine may be the protection of the ego.

Tina (to villagers and fellows who they study with): What do you think of?

Well (male): I’d like to ask you a question, Takeru. People in the future really hurt each other, which they call conflict or fighting?

Takeru: Yes. All of them are suffering. They are hurting each other within doubt.

Well: Is that right? I’m so sad. I’m so sorry. Is that true?

Villagers were agitated in the same way. To see them as such, Takeru was agitated differently.

Takeru (just like a monologue): They are quite different from us in the future. They don’t know separation; not so, they cannot believe in it.

Takeru: When you are hurt, no, when you are about to be hurt, how would people react if you know the world of one being? What would I do?

Tina: To harm others will be a sin that one doesn’t know oneness. People who never fight back are eternally in love, just like who realized the oneness and love. Am I right?

Takeru: That’s right.

I was standing still because of incredible sadness, not so, but of love.


ティナ:「たける、たける、大丈夫?」

たける:「アッ!ハイ…。」
ティナ:「明日なのだけど、あなたのお父さんから、
昔、言いつかった未来の分離の解決法についての、私たちの研究成果を見てほしい…」
たける「アァッァ…ハ…イ…」

ティナ:「朝、研究室で…」

そう言って、ティナは行ってしまった…
ちょっとさびしかった…。

もう恋してる?……… のか………。

次の日、研究室
ティナと勉強たける

ティナ:「私または自分(分離)が存在してると思うから、それを守ろうと、
未来の人々は必死に防衛し、争い、戦い、策をねり、不安となっていると思う…。
だから、未来は、苦しみの世界となってしまってる…。どう…。」

たける:「あるはずの自分を防衛するために、
本当は存在しない自分、私……のため、悩み、苦しんでいるということ…?」

ティナ:「きっとそう…。一体の私たちには分離がなくて、すべてがひとつなので、野心が起きてこない…違う?」

たける:「そうか~。分かたれてないことは、自我エゴがないということか~。
すべてがひとつにとけている…そこから突起した自己がないのか~。
守りたいと思う自己がない。イコール、怖くない…。
そして、自我の野心や念望もない。自分のことはどうでもいいとなるのかぁ…。
安らいでいる…争う必要がない…いないのだから当然。
でも、敵と味方、自分と他、そう信じてる未来人。
それゆえに、僕たち未来人は、分かたれ、自我防衛のため、殺し合う…ってこと?」

ティナ:「そうかも…。」

たける:「大変なことだ…どうしよう…そう思うのも、自我の防衛か…防衛か…。」

ティナ(村の人、研究を共にしている仲間たちへ):「みんなはどう思う?…」

男の人ウェル:「たけるさんにお聞きしたいのですが、
本当に未来の人々は争いあうと呼ぶ、戦いと呼ぶ、傷つけ合いをしているのでしょうか?…」

たける:「ハイ、みな苦しんでいます。疑心暗鬼の中…傷つけあっています…。」

ウェル:「そうですか…とても悲しいです…残念です…やはり本当ですか…」
村の人々は一様に動揺した…。
それを見たたけるは、違った意味で動揺した…。

たける(ひとりごとのように):「彼らは、未来の僕たちと、まったく違う…。分離を知らない、いや、信じられないのだ…。」

たける:「傷つけられるとき…いや、そうなりそうな時…
もし、一体のこの世界を知っていたなら、人はどうするだろう…僕は、どうするのか…。」

ティナ:「傷つけるということは、一体を知らないという罪となる…
それでも、傷つけられても応戦しないのは、一体を知っているあなたのように、愛を知ってしまった…
人のように、と わ に 愛しさのなかにい る …。ち が う …?」

たける:「そうだね……」
僕は、あまりの悲しみで、いや…愛しさで…たぶん…そこに立ち尽くしていた…。

つづく…。

[bot_catcher]