camera
 PRO COURSES
settings
Advance Reservation
先行予約購入
settings
Affiliate Partner
アフェリエイトパートナー

君と逢える約束の場所 Chapter2

A Promised Place
- I Wish To See You There

The next day, in front of the school principal’s office
Takeru: I brought Yoshiko…
School principle: Oh, Yoshino! Come in! Thank you for coming…
Takeru: You look good. I’m glad.
School principal: What are you talking about? I’m not good. I mustn’t be.
School principal: Where is Lili?
Takeru: I kept her tied up downstairs…
School principal: Is that right? You could have brought her here. No one is here now…
School principal: By the way, does your father know you are coming here today?
Takers: Yes. I’ll see him later… I said you’re suffering, as well.
School principal: Did you? You said more than enough, but it’s O.K.
School principal: The world is facing a big problem…
Takeru: My father said the same…
School principal: I think he feels the same… Separation seems to be swallowing the world…
Takeru: Right…
School principal: Children are repelling each other. They cannot love each other within such a value of separation.
Everybody is a rival, not so, an enemy. What shall I do? I cannot make them happy.
Takeru: in silence
School principal: When a child comes home, the world, the society with a belief of separation is waiting for him…
Certainly, he suffers. Nothing wrong with children…
Takeru: So, do adults experience the same?
School Principal: They may be so. Truth is vital now.
No, as your father always told me, the scientific truth, the quality of oneness is vital now.
I thought on my way back home.
When I was still one year old, I desperately wanted to see the world my father visited…
Takeru murmured as if obsessed with thought…
Takeru:I WANT TO GO THERE…
I WANT TO SEE THE REAL WORLD…
I was standing still there for no reason when I arrived at the front of my father’s laboratory.
I couldn’t but feel something troublesome about what will happen from now on…
I found myself drawing back… about something that will happen now…
to be continued…

翌日 学校の校長室の前

たける「吉野来ました…」

校長 「オゥ!来たか、入れ。よく来た…」

たける「先生、元気そうでよかった…」

校長 「何言ってんだ。元気なんかないよ…。ブツブツ ないに決まってる…」
校長 「リリはどうした…」

たける「下につないできました…」

校長 「そうか。入れてもよかったのに。だれもいないからな…今は。」
校長 「ところで、父上は今日来ること知ってる?」

たける「ハイ。後で会います…。先生が苦しんでることも言いました。」

校長 「そうか。余計なことも言ったんだな。まぁいいけど…。」
校長 「世界は大変なことになってる…」

たける「父も同じことを…」

校長 「やっぱりそうか…分離は世界を飲み込んでるようだ…」

たける「ハイ…」

校長 「子どもたちは互いに反発し合い、この分離の価値観の中で愛し合うことすらできない。
すべてがライバル…いや、敵だ…。どうしたものか…幸せになどしてやれない…」

たける「……」

校長 「家に帰ればその中で、その世界が…それを信じたその社会が待っている…
苦しいのは当然だ…子どもたちに罪はない…」

たける「だとすると大人たちにも…同じことですか…」

校長 「そうだろう…。今こそ真実が必要だ…。
いや、ずっと父上が言っていたように、科学的真実が…万物の一体性…。」
帰りすがら…僕は思った。 まだひとつであった頃…。父さんが行ったという世界を、どうしても見てみたいと…。
研究所に向かいすがら、たけるは思いつめたようにつぶやいていた…。

行・っ・て・み・た・い…
見・て・み・た・い…

本当のこの世界を…
研究所の前に着いた僕は、なぜかそこで、立ち尽くしていた…
これから起こることが、なにか大変なことのように、感じてならなかったからだ…。
僕は、たじろいでいた…。
これから始まる、何かに…。

[bot_catcher]