camera
 PRO COURSES
settings
Advance Reservation
先行予約購入
settings
Affiliate Partner
アフェリエイトパートナー

君と逢える約束の場所 

A Promised Place
- I Wish To See You There

Chapter 1

A highland scenery of Musashino is extending…It was an early Summer day.The sky was clear, and only towering thunderclouds were magnificent…I was walking with Lili with my father at Musashino riverbed.Father: Various trees and flowers are beautiful. They have their own name. Don’t they look divided, separate?

広がる武蔵野の風景 高台の景色から始まる…
あれはまだ浅い夏の日 空は晴れ渡り、入道雲だけが立派だった…
僕は父と武蔵野の川辺をリリと散歩していた

父「色々な木々や花が美しいね。それぞれに名前がついている。別々のものに見えないか…。分かたれて…」

Chapter 2

The next day, in front of the school principal’s officeTakeru: I brought Yoshiko…School principle: Oh, Yoshino! Come in! Thank you for coming…Takeru: You look good. I’m glad.School principal: What are you talking about?

翌日 学校の校長室の前  たける「吉野来ました…」校長 「オゥ!来たか、入れ。よく来た…」たける「先生、元気そうでよかった…」校長 「何言ってんだ。元気なんかないよ…。ブツブツ ないに決まってる…」校長 「リリはどうした…」たける「下につないできました…」校長 「そうか。入れてもよかったのに。だれもいないからな…今は。」校長 「ところで、父上は今日来ること知ってる?」

Chapter 3

Takeru: Dad, here I am… Father: Oh! Good… Takeru: Both of you say the same words. Father: What! Same words? Who? Ah, Takemoto… We’re together for a long time. Maybe we became alike… Father: How was the conversation with the principal? Takeru: He said it is a world of pain… Father: Right… (Sigh) A strong sense of reality and separation is covering the whole world…

父の研究所  たける「父さん、来た…」父 「オーウ!よく来た…」たける「同じセリフ 二人共。」父 「何…同じこと?誰が?ああ、竹本か…。長く友達やってるから、似たのかな…。」父 「ところで、どうだったんだ。校長先生との話は…。」
たける「なんか苦しみの世界だって…。」 父 「そうだな…(ためいき的)強い現実感と分離感は世界を覆ってしまっている…ということだ……」 

Chapter 4

Takeru: After that, I joined a week training. In the human world, children are still enjoying summer holidays…I learned Sidi and meditation from my father. Within the altered consciousness and meditation, I thought such belief that I can be, I can be is important. I will definitely become as I imagine. What shall I do? To think as such will make things materialize, realize and make them molecules easily. It fit my way of thinking…

たける:あれから僕は、一週間のトレーニングに入った。
夏休みゆえの自由、人間界はまだまだそうだ…。父からシディ、メディテーションを習った。変性意識、メディテーション的意識の中では、「なっちゃう、なっちゃう」という確信が大事だと思った…。なっちゃうよ。どうしようとか、そう思うことが、
物質化、現実化、分子化が楽にできる。僕には相性が良かった…。

Chapter 4-2

Tina: Takeru, Takeru. Are you all right? Takeru: Eh! Yes… Tina: About tomorrow’s schedule, I want you to look over our test result of the solution of separation in the future. We were asked by your father to examine it a long time ago. Takeru: Ah-hh, Yes. Tina: I’ll see you in the laboratory. Tina went away with the words. I was a little lonely.

ティナ:「たける、たける、大丈夫?」たける:「アッ!ハイ…。」ティナ:「明日なのだけど、あなたのお父さんから、
昔、言いつかった未来の分離の解決法についての、私たちの研究成果を見てほしい…」たける「アァッァ…ハ…イ…」
ティナ:「朝、研究室で…」そう言って、ティナは行ってしまった…
ちょっとさびしかった…。

Chapter 5

Tina’s Laboratory Tina stayed in the lab every day and never left for a day. In front of the door of Takeru’s room Jan: Takeru. Tina is calling you from her lab. She wants you to come over. Takeru: Thank you. Please tell her I’ll be there when I’m ready. Jan: Thank you very much.

ティナの研究室 次の日も、次の日もティナは研究室に向かい、一日そこを出なかった…。仲間たちとともに、僕たち未来人のために研究を続ける努力を惜しまないティナであった…。たけるの部屋の扉の前 男の人ヤン:「たけるさん、ティナが研究室であなたを呼んでいます。来ていただきたいと…。」たける:「わかりました。したくが済み次第、すぐ行くとお伝えください…。」ヤン:「ありがとうございます…。」

Chapter 5-2

Process of human separation and the future
Jan: Lemurie, thank you. I’ll take over you.  Lemurie: Yes, thank you. Tina: Please take over, Jan. From now on, we’ll enter into the flow. Jan: Takeru. Are you all right?  Takeru: Ha, Yes.  Jan: I’ll explain to you a part of status simulation when a man earnestly believes in separation.  Takeru nods. 

人類が分離化してゆく過程と、これからの未来について
ヤン:「レミリー、ありがとう…ここから先は代わりましょう…。」レミリー:「ハイ」ティナ:「ヤン頼みます…ここからは、そこからの流れ…過程に入ります…」ヤン:「たけるさん、よろしいですか?…」たける:「ハッ…ハイ…。」ヤン:「もし、人が分離を本気で信じた場合に起こってくる、状況シミュレーションの一部を、ご説明いたします……。」うなずく たける…。

Chapter 6

And the morning,  Knock, knock, knock Takeru: Yes. What do you want? Ah, Tina… Tina: We’re going to fly now. Let’s go. Takeru: Ah, Yes.Tina: The true beautiful world, a paradise of oneness, everything is made of love, I’ll guide you to the beautiful planet.

そして、次の日の朝… トン・トン・トン ノックの音  たける:「ハイ……何か……アッ……ティナ……」 ティナ:「今から飛ぶわ……行くわよ……」たける:「アッ……ハイ……」 ティナ:「美しき本当の世界、ひとつなる楽園……すべてが愛でできている、素晴らしき星、み せ て あ げ る……」

Chapter 7

The next morning    The sound of knocking. My heart was almost broken. I am packed up and ready to go home.  Feeling glad, I immediately found all animals, including, Gon standing politely. I couldn’t find Tina there.   SS- HH- OO- CC- KK- SS !!
Gon the Leader: Tina is waiting for you at the hill. Please come with us. On our way, I’m going to convey the secret of this planet and the forest to you.

次の日の朝。扉を叩く音。もう十分にしたくをした僕は、胸が高鳴って壊れそうだった……。嬉しくて、扉を開けた瞬間、そこには、ゴンたち動植物のみなみなが、行儀よく並んで立っていた。そこに、ティナはいなかった……。ガビィ~~ン       リーダーのゴン:「ティナが丘で待っています…。僕たちと一緒に来てください…。道すがら、この星の、森の秘密をお伝えしてゆきます……。」

Chapter 8

The Farewell Party   I was standing still in front of the farewell party site which Tina and everybody hold for me. I was afraid to go in for no reason. I was afraid it was filled with love for no reason. And I didn’t know why at that time. About my father, and my era.   Chief: Takeru. Thank you for coming. Please come in. You are the hero night. Takeru was wearing a little dress up formal wear. Beautiful Tina and beautiful people.

お別れのうたげ  僕は、ティナたちが、村のみんなが開いてくれる、お別れのうたげの会場の前に、立ち尽くしていた。 なぜか、入ることが怖かった…。愛でいっぱいなことが、なぜか怖かった…そして、その時は、それがなぜか、わからなかった…。父のこと、僕の時代のこと……。長 :「たけるくん…よく来た…中へどうぞ…。今宵は、君が主役だ……。」

Chapter 9

I found myself in my father’s laboratory. I was little hazy, but I was holding the plasma induction machine firmly that my father developed for the return trip. I gradually returned to consciousness. Someone is standing. Three of them.   Mother: Takeru. Can you hear me? TAKERU?Takeru: Ah, Mom. What happened? Why are you here? She burst into tears suddenly. The school principal and Uchida were next to her. I found my father’s laboratory was destroyed when I regain consciousness.  Takeru: What happened? Mother: Your father is deceased.

気づいたら、そこは、父の研究室だった…少しもうろうとしていたが、しっかり、父の創った、帰りのためのプラズマ誘導機を握りしめていた…。少しずつ意識が覚めはじめてきた…誰かが立っている…三人…   母:「たける、わかる…た け る…」たける:「あ……かあさん………どうしたの?なぜここに……」突然泣く母…となりには、校長先生と、内田……。意識が戻ると、父の研究所は破壊されていた……   たける:「どうしたの……」  母:「お父さん、死んでしまった…」

Chapter 10

Ten thousand years ago. It is three months since Takeru went back. Tina: Something is wrong, Papa. Takeru is not coming back.
As we felt, there must be something wrong with my uncle’s laboratory.  Chief: That’s right. Everybody’s Sidi catch may be correct. Tina: I’m going to help him.

一万年前、たけるが戻って、3ヶ月が経つ…… ティナ:「おかしいヨ…パパ……たけるが戻らない……私たちがキャッチした通り…おじさんの研究所に、何かあったとしか……。」  長 :「そうだな。みなのシッディーキャッチが正しいかもしれんな……」ティナ:「私……助けにゆく……」 

[bot_catcher]