camera
 PRO COURSES
settings
Advance Reservation
先行予約購入
settings
Affiliate Partner
アフェリエイトパートナー

君と逢える約束の場所 Chapter1

A Promised Place
- I Wish To See You There

A highland scenery of Musashino is extending…
It was an early Summer day.
The sky was clear, and only towering thunderclouds were magnificent…
I was walking with Lili with my father at Musashino riverbed.
Father: Various trees and flowers are beautiful. They have their own name. Don’t they look divided, separate?
Takeru: Of course …
Father: Yeah, do you think it ordinary? But it’s not true in fact…
Takeru: Huh!, what are you talking about?
Father: In reality, everything is connected as one… A man doesn’t know it.
Takeru: What do you mean?
They found them stop walking. Right. They were standing still…
Father: I have many things that I haven’t told you…
Takeru: What?
Takeru looks at Father, and Lili looks up at him
Father: What was a message from your school principal?
Takeru: It’s not important, well, is it important?
Father: in silence
Father: He is such a rare man of purity…
Takeru: Well, may be so…
Father: He trusts you…
Takeru: Yeah, may be so…
Takeru: My friend, Yamada, cut the wrist because of trouble with his friend during the summer vacation. I heard he went to hospital…
Father: Really? It must have been hard on him. His job has become troublesome…don’t you think so?
Takeru: …
Takeru: I’m going to school later…
Father: I see…
Father: The world is being filled with separation now…
Father: Trees and flowers are beautiful. The beautiful water is flowing by on the earth… Takeru, don’t you think so? Why do we fight?
Takeru: What are you talking about? I don’t understand.
Father: I just thought how beautiful the Musashino plains were ten thousand years ago.
Takeru looks at his father.
Takeru: What! what are you talking about?
Lili looks up at Father.
Father: Let’s go to the hillside.
Takeru: The promised hill… Don’t you think it a little far? Well, O.K.
Takeru: By the way, why is it called the promised hill?
Father, Lili in silence
The promised hill. A big tree. Beautiful scenery
Current Musashino plains are overlapping the scenery of ancient land where Tina lives.
The camera is zooming at the house.
Time went back to the past. House of Yoshino family before the walk
It’s a typical Japanese house that continues good old days
Well, Pig-shaped Kayari, Watermelon, Somen, Furin (wind- chime)
The camera is caressing them.The gentle voice of Mother
They are good friends with the carps in the pond that are keepsakes of their deceased grandfather.
They live with Lili, Usa, and Pea.
The sound of Higurashi and Cicada is the background music
Father and Takeru are eating some.
Mother: Let’s eat the first watermelon after some.
Takeru: Yay! Lili: Yay!
Father: I’m happy…
The sound of wind chime in the wind. Cicadas’ sound. Higurashi’s choir is nice..
The mother brings watermelon.
Mother: What was the mail from your school principle? It’s a summer vacation.
Takeru: Well, it doesn’t matter…
Father: Shall we take a walk with Lili?
Takeru: Okay.
Father: Let me change my clothes.
A piece of picture dressed up at Father’s office is being focused.
And you’ll see the ancient Musashino plains.
Father and another man, Osa, Kisia
Walking Takeru, Father, and Lili
Beautiful streets, to the river, the sound of children
Gently blowing wind Warm sunshine
Suddenly Takeru abruptly says something during the walk
Takeru: Why did you become a scientist?
Father: Huh, why?
Takeru: You said the principle’s duties are troublesome, no, painful…
Father: in silence
Father: Grandfather was a scientist. He was an assistant to nuclear bomb development in the Japanese army.
Takeru: So, you dothe same.
Father: Well…
Father: He was staying in a neighboring area when the atomic bomb was dropped at Hiroshima. He said it looked close by…
Father: I often heard him talking about strange things when I was a child.
Takeru: What is it?
Father: I heard some people in the old times, for example, who looked like samurai, appeared everywhere…
I didn’t take his words seriously at first. After that, he talked about plasma to me.
He said everything looks different from reality within nuclear fusion at several thousand degrees.
Takeru: Was he talking about time-warp?
Father: Well, that’s right…
Takeru: So, he became a quantum mechanics scientist.
Lili looks up.
Yoshino house at night
Good old wood bath with log fuels
Father: Takeru! Why don’t you take a bath with me?!
Takeru: What are you talking about?
Father: Wash my back!
Takeru: Idiot… muttering
Father: I used to take a bath with him in the past. He often told me to wash the T-zone of the face. I wonder what it was…
Takeru: (monologue) No way. Shall I take a bath with him?
At the bathroom
Father: Continuing from the last story,
There is something underground in my office. It’s a secret story, but do you want to listen?
Father: Within a realm of plasma, time, space, reality, and of course, beyond the law, separation will disappear.
Takeru: in silence
Father: We can immediately move to the past, to the future, and to the end of the universe.
Father: It is not the world that we call a reality. In fact, that is the reality of true science. Do you understand, Takeru?
Father: It is the realm that we cannot explain other than a dream of God or the world of thoughts of the creator.
Old quantum mechanics scientists were at a loss, stopped, stayed still, and escaped from it.
It was difficult for them to explain it to humanity.
Takeru: in silence
Father: Humanity will have big trouble. If you know the truth, the world will completely change.
Takeru: You mean, the truth of this world is not this world, but a spiritual world in reality… That’s unacceptable.
Father: Right. But more than that.
Therefore, everything is a dream of one being. Everything is connected as one.
If you have thoughts strayed from there, your electrons will become out of order.
You may even punish yourself. You may destroy yourself.
Father: Substances, in other words, molecules are enhanced by words and thoughts…
Takeru: Is that so?
Takeru: Dad, do you mean you time-warped before?
Is there a time warp device in the underground?
Father: Yes, that’s right…
I went ten thousand years back with the device.

広がる武蔵野の風景
高台の景色から始まる…
あれはまだ浅い夏の日
空は晴れ渡り、入道雲だけが立派だった…
僕は父と武蔵野の川辺をリリと散歩していた

父「色々な木々や花が美しいね。それぞれに名前がついている。別々のものに見えないか…。分かたれて…」

たける「当たり前じゃない…」

父「そうか、当たり前か…でも、実は違うんだ…」

たける「え、何言ってんの…」

父「本当はね。すべてのものは一体につながっているんだ…。人間はそれを知らない。」

たける「どういうこと…?」

気づいたら、散歩の歩みが止まっていた。
そう3人は佇んでいた…。

父「おまえに話してないことがいっぱいある…」

たける「え…」

父を見るたけると見上げるリリ

父「さっき、校長先生からのメッセージは何だったんだい…」

たける「たいしたことないよ。いや、あるか…。」

父「…」

父「今どき、あまりいない純粋な人だ…」

たける「まぁね…」

父「お前を信頼してる…」

たける「うん…そうかも…」

たける「休みの間に、家のトラブルや、友達とのいざかいで山田がリストカットしたって…病院に行ってきたって…」

父「そうか…先生もつらいことだ。大変なお仕事になってきたね…」

たける「…。」

たける「学校にあとでいってみる…。」

父「そうか…。」
父「分離が世界を覆い尽くし始めたね…。」
父「木々や草花は美しいな…大地は美しき水をたたえて流れてゆく…。
なぁたける。そう思わないか。人間はどうして争うのか…。」

たける「何言ってるの…わかんない…」

父「1万年前、この武蔵野平野はどんなに美しかったかと、ふと思ったんだ。」

たける、父を見る

たける「えっ、何言ってんの…」

リリ、父を見上げる。

父「丘の方へ行ってみないか?」

たける「約束の丘かぁ…。ちょっと遠くない…?まあいいや。」
たける「それより、あの丘、なんで約束の丘っていうんだ…?」

父「…」リリ「…」

約束の丘 一本の大きな木 美しき風景
約束の地(ばしょ)
現在の武蔵野 平野から

古代のティナの住む地が

重なってゆく

一軒の家にカメラはフォーカスしてゆく

時は戻り、散歩の前の吉野家
古き良き 代々続く典型的な日本家屋

井戸、ブタの蚊取り線香、スイカ、そうめん、
風鈴(カメラはそれをなでてゆく)優しい母の声、
亡きおじいちゃんの形見の池の鯉たちと仲良し

リリ、ウサ、ピィー、共に生きる。

バックコーラスにひぐらしさんとセミさんたち

そうめんを食べている父とたける

母「二人共、おそうめん食べ終わったら初のスイカよ…」

たける「ワーイ!」 リリ「ワーイ!」

父「それはうれしいな…」

風にゆらぐ風鈴の音。セミの声、合唱するひぐらしも素敵…
スイカを持ってきて

母「夏休みなのにさっき校長先生からのメールなんだったの…?」

たける「なんでもないよ…」

父「一緒にリリの散歩に行くか…」

たける「うん」

父「ちょっと着替えてくる…」

父の書斎に飾られる一枚の写真にフォーカス

古代の武蔵野平野に移る

父ともうひとりの男 長(オサ)キシア

歩くたけると父、リリ

美しい街並み 川へ 子どもたちの声

そよぐ風 あたたかな日差し

歩きながら、たけるが唐突に

たける「なぜ、科学者になったの…」

父「え、なんで…?」

たける「いや、ちょっと校長先生の仕事、つらい、いや、苦しい…って」

父「…」

父「おじいちゃんが科学者だったんだ。日本軍の核開発で助手をしてたそうで…。今で言う、量子力学の専門家だった…」

たける「じゃ、お父さん、一緒じゃん。」

父「まぁね…。」

父「広島の原爆の時、隣の県にいた。近くに見えたそうだ…。」

父「そのときに不思議なことがあったそうで、それを子どもの頃よく聞いたものだ…」

たける「なに、それ…」

父「何か古い時代の過去の人が、例えば武士姿とか、
あちこちに現れたそうだ…。
まぁはじめは、父さんも何言ってるんだとまぁちょっと本気にはしてなかったんだけど…。
そのあと、おじいちゃんは、プラズマの話をしてきた…。
何千度ともなる核融合の中では、すべてが現実とは異なる場となるって言うんだ…。」

たける「それってタイムワープとかのことを言ってるの?」

父「まぁ、そうだね…。」

たける「それで量子力学の科学者になったんだ…。」

見上げるリリ

そして、夜になった…吉野邸

昔ながらの薪で焚くお風呂

父「たける!風呂一緒に入らないか!」

たける「何わけわからないこと また言ってんだ…」

父「背中流してくれよ…」

たける「アホか…ブツブツ」

父「昔、おじいちゃんとよく入ったもんだ。そういえば、顔のTゾーンよく洗えって言ってたな~。あれなんだったんだ…」

たける「(ひとりごと)しょうがないな。入ってやるか…」

風呂場

父「さっきの続きだけど…」

「事務所の地下にあるものがある…誰にも言ってはいけない話しだが、聞くか?」

父「プラズマの領域の中では、時間も空間も現実も、もちろん分離もこえて、その法則も消えてしまう…」

たける「…」

父「過去も未来も、どんな宇宙の果ても、一瞬にして移動できる…。」

父「そこは現実と私たちが呼ぶ世界ではない…。本当はそちらのほうが真の科学的現実だ…。いいか、たける…」

父「それは、神の夢、創造主の想念の世界としか説明しかねる領域なんだ…。
昔から量子力学の者たちは、そのことの前でたじろぎ、止まり、佇み、逃げた…。これを人類に説明するのが困難だったからだ…」

たける「…。」

父「過去も未来も、どんな宇宙の果ても、一瞬にして移動できる…。」

父「そこは現実と私たちが呼ぶ世界ではない…。本当はそちらのほうが真の科学的現実だ…。
いいか、たける…」

父「それは、神の夢、創造主の想念の世界としか説明しかねる領域なんだ…。
昔から量子力学の者たちは、そのことの前でたじろぎ、止まり、佇み、逃げた…。
これを人類に説明するのが困難だったからだ…」

たける「…。」

父「これから人類は大変なことになる。その真実を知ったら、世界は全く変わってしまう…」

たける「この世界の真実は、この世でなく本当は霊的世界だということだね…。それは受け入れがたい…。」

父「そうだ。しかし、それだけではない。それゆえ、すべては一者の夢、すべては一体であり、そこからそれた想念を持つと電子が乱れ、自ら罰することともなる。自らを滅ぼすことともなるんだ…。」

父「物質、要は分子は言葉、想念で強化される。素粒子、いや、霊的状態からより強固な物質的状態となる…。」

たける「そうなの…。」

たける「父さん、もしかしたら、タイムワープしたとでも言うの?」
「その装置が地下にあるとでも言う…?」

父「そう、そのとおりだ…。その装置で一万年、時をさかのぼった…。」

[bot_catcher]