camera
 PRO COURSES
settings
Advance Reservation
先行予約購入
settings
Affiliate Partner
アフェリエイトパートナー

君と逢える約束の場所 Chapter4

A Promised Place
- I Wish To See You There

Takeru: After that, I joined a week training. In the human world, children are still enjoying summer holidays…

I learned Sidi and meditation from my father. Within the altered consciousness and meditation, I thought such belief that I can be, I can be is important. I will definitely become as I imagine. What shall I do? To think as such will make things materialize, realize and make them molecules easily. It fit my way of thinking…

Then, my father said,

Father: Takeru. Everything is connected as one. No, not so, it is made of thoughts of the subject of creation. The subject of creation The subject of creation considers oneself. It is the same as we consider ourselves.

Everything in the universe embraces consciousness of love. All is like his dream. Therefore, the value of separation will bring tremendous confusion. He sends out a strong command like a message, trying to regain malfunction of the part. Humanity considers trouble, punishment, destruction and ruin. In other words, it is a strong caution from the existence to return to the love of true essence.

You will return to the time when it was ordinary. Values of men, animals, trees, plants and flowers, the earth, the water, and everything are there as a manifestation of the universe, and of love. It’s a beautiful place…

To hear him talk as such, I wanted to visit there more than before. Things consider each other. It is the world where everything communicates with love. I couldn’t but help feeling it is a completely different world from the one of molecules born out of substances, not so, of a sense of separation, from the world filled with fear.

It is where you can communicate with everything in the universe in love…

We can communicate with everything in the universe in love. The earth, the sky, the ocean, beautiful animals… How wonderful the world is!

On the other hand, I am so sad to see the present world where people believe in separation such as conflict, superiority complex, comparison, fighting and competition. Everybody felt like killing himself. Everybody was off because of fear.

I was in pain for a week. It was filled with much awareness and love. The world of loving and being loved. To everything…

Father: Takeru. You cannot avoid visiting there. You are destined to be there. You will be drawn there… He kept telling me as such again and again. Maybe because the belief is more important in the spiritual world of elementary particles than anything…

Plasma devices of my father’s invention were incredibly wonderful.

I will see beautiful secret of humanity in front of me. I will start a journey tomorrow for the purpose.

A line of light of Takeru was falling down from the clear sky.

The beautiful earth is expanding there. All lives are watching over the splendor. Takeru went back to one thousand years. He was finally there…

I am falling down from the sky now… I started on a journey with a lot of sadness and a lot of expectation. It was my first time in my life to think that I want to create a wonderful world. And here I am… I feel strange. I am slowly going down from the sky. I was feeling fulfilled, not so, at peace and joy which I have never felt before.

What on earth is my feeling that I can see everything is love? I was in a light ball. I was floating in the air for a while, and then, quietly going down to the earth in the beautiful forest like soft moss garden.

Everything is bliss. It looks shining. I can see the forest is interested in me with joy and talking about me. I feel I can understand their language. It is a magical and wonderful world. I may have been in meditation for a while there. Everything was in peace of bliss which I have never experienced before.

Takeru: I felt someone picking at me. Who did it? Who?

I began to become conscious, like ending of a dray dream or a nap.

Then, beautiful animals were surrounding me, in front of my eyes. They were so gentle. I’m not afraid at all. It’s amazing.

Takeru (monologue): I have seen this before. Ah! Yes! Animals are gathering around Buddha to listen to histories, in a comic story. I felt as such and thought I am still human.

I felt a beautiful animal like a white wolf talking to me for unknown reason.

Wolf: Tina is waiting for you. Let’s go with me.

They walk like floating a little up in the air. I float and follow them.

I thought strength of gravity may be different here from our world. No, it is such a human way of thinking. My mind hasn’t changed. WHAT A SHAME!

I hear someone talking deeply from afar in my heart. I feel the place seems shining thought it is far away. It is a mysterious scenery.

Tina: Takeru. I was waiting for you for a long time.

I felt as such, not so, I heard as such. Definitely, but in my heart…

I saw a standing figure. It was a like a beautiful girl

Takeru: Who are you? Why do you know me? What are these animals?

Tina: What are ANIMALS?

Takeru: I’m talking about these lovely children.

Tina: You mean Gon-chan and others. They are called ANIMALS after one thousand year. Right?

Takeru: Yes…

Tina: I see.

Tina: Moving animals take away “plants” are animals. Right?

Takeru: Would you tell me what you mean?

Tina: Polite words. Are you a serious person?

Takeru: Well, not really.

Tina: All lives respect the earth and soil and live with them. ANIMALS? What you say and plants are the same. We walking plants produce the soil and carry it around. So, your ANIMALS. Everything is in the world of oneness now. I’m sure you will feel it.

Takeru (murmuring): It is already difficult…

Tina: What? What did you say anything?

Takeru: No, nothing…

Tina: What we call the intestines produce the earth and the soil, and they take energy from there. The bacteria living there have converted elementary particles, and because of those bacteria, this world is always shining beautifully … Supplying the necessary energy …

Therefore, we can move and fly in the sky….

Takeru: Eh! Can you fly the sky?

Tina: Of course. Do you want to fly with me?

Takeru: Yes.

Tina: You really are serious…

Tina: I’ll show you this beautiful world.

It’s a world where everything is one. Let’s go!

Takeru: Yes. I may be serious…

As soon as I felt extreme anti-gravity force, I floated up to the sky. I felt something tossing me. Hand in hand with Tina, strangely, I could fly.

A beautiful world was spreading there. A warm heart was there, we feel everything is connected as one. Not only men and animals, trees, the water, the air, mountains, and everything neither has self-boost for separation, nor have an ambition of ego, nor have a monopoly, nor try to take somebody to one’s side, nor to win over others. It seems to me all of them filled with looks of consideration, friendship, and love for no reason.

It was something I couldn’t find in my world. I thoroughly feel I was afraid of it in the world of separation. It was as my father said. I feel this something now…

Is this some real quality that we call love? I strongly felt as such while floating in the air. It is not only beautiful but truly beautiful world.

I am flying in a beautiful world with Tina. Tina is trying to convey beyond words with warm hands connecting with each other. It is neither a mountain, nor river, nor ocean. We name and call them as such, but everything is something immeasurably unknown.

You don’t have to believe in separation. We are in an unknown place now. It is eternally unknown beyond molecules. A beautiful world of gods. Everything is a dream of God of creation. We are flying in the mystery.

Tina: Hold my hands tight. I’m going to through the cliff.

Takeru: What?!

Takeru: Wow!

Tina: Let’s go. Don’t be afraid. It is the same as you. The same thought of God. We’re going into the same thing.

Takeru: I went through the rock. Inside of the rock was shining. It was not a rock. What shall I say? I don’t know if it was a miracle or a dream. Everything… The rock was me. Everything was me.

The rock, mountains, valley, river, and everything are ourselves. All of them are the dream of God. I feel like I was awakened from a sense of reality, which is separation, to the real world.

For about several hours after that, in the love-like dream, in something beautiful, words, self and separation were gone. And beautiful time flew and two of us went down to the earth…

Tina: My father is waiting. He’ll guide you to our village.

Takeru: Yes.

I feel dizzy. I feel like I have no weight. I walked for a while with Tina. The surrounding forest was beautiful in the coming dusk. Looking back, fellow animals and plants were following me. I was happy for no reason. I saw a village and many people waving their hands.

Takeru: You can walk, too.

Tina: Of course.

Takeru: Is a man in the middle your father?

Tina: Why do you know? Because he’s in the middle?

Takeru: No, he has the same light as you.

Tina: Great! You can feel it. Cool, and Right!

Tina: He was your father’s best friend beyond time.

Tina: and we will definitely be as such…

Takeru: Eh, is that so?

The people surrounding me were villagers; I wonder what they are.

They are not human at all. They look like a human, but something beautiful other than that.

Takeru: People are unusual.

Tina: They are ordinary. Well, maybe, they don’t have separation.

Takeru: (like a monologue): People who have neither sense of separation, nor self, nor ego, nor comparison, competition, plundering, nor the ambition of control look to me as such and make me feel as such…

Takeru: Amazing! What has humanity done?

Takeru: Can a man become as such? Can he be such beautiful and loving? I was closely watching the possibility of a man and humanity now. And I couldn’t move at all.

The mysterious energy they are releasing is something we call love? I HAVE NO IDEA. It was something I had never seen before.

I was taking a glimpse of the wonderful terribleness of the world without separation now.

Tina: Papa. He’s finally here. Your friend’s son has come from the future.

Chief: Takeru. I was waiting for you.

Takeru: Ah, Yes. I am Takeru. Nice to see you.

Tina: You are really SERIOUS. LOL,

Takeru: Tina had guided me to the sky, not so, in the sky. Ha…

Chief: Are you all right?

Takeru: Eh, Yes.

Takeru: Many villagers are here. I wonder why they are so quiet. I feel there’s love. They are many but feel like one. How mysterious!

Takeru: Thank you very much.

Chief: I’m glad you’re here. All of us were waiting for you.

A beautiful village woman came to me with something in her hand.

Chief: This is a gift from all of us. The dress is created here.

It is woven for you.

Takeru: Ah, Thank you very (much)

Tina (as if interrupting): Be sure to wear it. It is made of the same material as you. It must be GENTLE.

Takeru: I walked into the village with one being and many people. It was a completely different feeling from our world. I was, in a sense, afraid of a feeling that melts into everything. I am still a human, staying to be separate, with fear.

But I was so happy. Everything was so warm there. My father’s life changed after coming here. I didn’t understand how he changed. I unknowingly murmured that I was sad and sorry that I couldn’t understand my father. No, I think I felt sorry for the first time in my life. I wonder if it is a regret.

I was thinking of such a thing like a running horse light…I wonder if I had seen this world from my father, mother, and Lili’s perspective.

.

I was thinking as such. I’ve never had consideration for others.

Mom, I want to see you, Lili, Dad, I want to apologize to you

Sad, for no reason, I have become not current humanity-like, a little.

Takeru: Ha… (Sigh)

The party began. Incredibly loving and beautiful meals and fellows who devote their lives to our party. When I thought of fruits and vegetables, I couldn’t stop my tears. I danced with everyone hands in hands. I started crying again because of sadness and love. My open eyes were looking down. I couldn’t blink my eyes. I wondered why such clear shining water falling down.

I felt love welled up around my nose and felt the pressure.

Chief: Takeru. Are you all right?

Takeru: Uh, Uh, Yes.

Tina: SERIOUS boy

Tina smiled at him.

Chief: We’re going to have your welcome party. Today is a festival, not so, a party for you.

Takeru: Ah. Thank you! (Bow)

Tina: You are SERIOUS after all.

Chief: I learned the future language from your father. The Mountain, river, ocean, sky, earth, plants, and animals and everyone understands your language as we are connected as one.

Takeru: Is that so? What a world! What a magnificent world! I lose my words. Why do I cry? Why? Why do I love my father and think of my mother? Why do I love Lili and my friends? I just felt like crying forever. I’m sad, sad, and I feel love…

I didn’t know that I would not be able to see my father anymore at this time.


たける:あれから僕は、一週間のトレーニングに入った。
夏休みゆえの自由、人間界はまだまだそうだ…。
父からシディ、メディテーションを習った。
変性意識、メディテーション的意識の中では、
「なっちゃう、なっちゃう」という確信が大事だと思った…。
なっちゃうよ。どうしようとか、そう思うことが、
物質化、現実化、分子化が楽にできる。
僕には相性が良かった…。

それから、父は、
父:「たける。すべては一体だ。神、いや、創造の主体の想いでできている。
創造主体は自らを思いやる。
それは私たちが自らの身を思いやることに似ている。
万物すべてに愛の意識がやどり、そのすべては彼の夢のようなものだから、
分離の価値観は大変な混乱を生み、その部分の誤作動をなんとか回復させようと、強きメッセージ的司令が出る。
それを人間はトラブル、バチ、滅び、破滅と捉える。
要は本質の愛へ戻れという強き本体からの警告なのだ…。」

「それがあたりまえであった頃に、おまえは戻ってゆくのだ。
人の価値観も動物や木々、草花、大地、水、すべてがその万物、
愛の現れとして暮らしている…。美しいところだ…。」

そのような父の話に、僕はますます行きたいとの想いをつのらせた…。

あらゆるものを思いやる。
すべてが愛を持って交流する世界…。
まだ、物質、いや、分離感から生まれた分子世界、

恐れに満ちた世界とは、まったく違う世界だなぁと感じてならなかった…。
万物すべてと愛しさで…コミオンできるところ…。
大地や空、海、美しき生き物たち…
なんて素晴らしい世界なんだろう…。

それに比べ、争いや優越、比較、戦いや競争といった
分離を信じた今のこの世界が……
悲しくて…悲しかった…。
みな死にたくなっていた。
みな恐れでおかしくなっていた…。

僕は、この1週間、ある意味、苦しみの中にいた。
それは、沢山の気づきと愛に満ちあふれていた。

愛し、愛される世界。すべてのものへと…。
明日、僕は旅立つこととなった。

父:「たける。そこへ行くことはさけられない。
そうなってしまう。そこへ引き寄せられる…」

父はそればかりを僕に伝えた…。
きっと、確信が何より霊的、
いや…素粒子的世界では重要だからなのだろう…。

そして、父の開発したプラズマの機器は、大変素晴らしきものだった…
僕は人類の美しき秘密を目の当たりにすることとなる…
その旅に、明日旅立つのだ…。

澄んだ空から、ひとひらの光が落ちてきた…。
そこには美しき大地が広がり、
その素晴らしさを、生命たちが見守っていた…。
1万年をさかのぼった たける…。

その地へとやってきた…。
僕は、今、空から落ちている…
沢山の悲しみと、沢山の期待をもって旅立った…
素晴らしい世界を生みたいと、人生で初めて思った…。
そしてここへ来た。

不思議だ。僕はゆっくり、空から落ちてゆくが、
今まで感じたことがないような充実感、
いや、はかりしれぬ安心感、嬉しさの中にいた…。

すべてが愛しんでくれていることがわかるこの感覚は、
一体なんなのだろう…
僕は、光の玉の中にいた…。

それからしばらく空中を浮いていた僕は、
ふかふかのコケのような美しき森の中の大地へと静かに降り立った…。
すべてが至福だ…。輝いて見える…。

森たちが嬉しそうに僕に興味を持って、
うわさしているのが手をとるようにわかり、
その言葉までがわかるように感じる…。

不思議な、不思議な世界…。
しばらくそこで瞑想的状態でいたのだろう。
すべてが体験したことのない至福のやすらぎの中だった…。

たける:「誰かがつつく気がした…。だれ?誰なの…?」

ぼんやりしていた意識がめざめはじめてきた…
白昼夢、昼寝の終わりのようだ…。
すると、目の前に美しい動物たちがいて、
みなが周りにいてくれていた…。
やさしい感じ…少しも怖くない…不思議だ…。

たける(ひとりごと):「これ、見たことある。あ、そうだ、ブッダの話の周りに集まる動物たち…マンガで見たぞ…」
そんなことを想った…。
まだまだ人間…。

白いオオカミ君のような、美しい彼が話してくるのをなぜか感じる…。
オオカミ君「ティナが待っている。一緒に…ゆこう…。」
彼らは空中に少し浮かぶように歩く。
僕も同じように、ふわふわとついてゆく…。
多分、重力の強さが僕らの世界と違うのだと思った。

いや、人間的思考…
僕の心は変わっていなかった…
ざ ん ね ん…

遠くから誰かの声が心の中で深く聞こえてくる。
遠くなのにそのあたりが光っているようにも感じる。
不思議な光景だ…。

ティナ:「たける 待っていたわ。ずっと…」
そう感じた…いや、聞こえた…。
間違いなく、でも心の中というのか…
人が立っている。きれいな子。
少女のよう………

たける:「君は誰?なぜ僕を知っているの…この動物たちは…」

ティナ:「どうぶつってなに?」

たける:「この可愛いこの子たち…」

ティナ:「ゴンたちのことね…彼らはどうぶつと呼ぶの…1万年後の人たちは…」

たける:「ハイ…」

ティナ:「そうなんだ…」

ティナ:「動く植物さんたちを、「植」を取ったということかナ…」

たける:「どういうことでしょう…」

ティナ:「丁寧な言葉…まじめ君…?」

たける:「いえ、そうでも…」

ティナ:「すべての生命は、大地、土を尊び、それと共に生きてる。
あなたの言うどうぶつ?と植物さんとは、同じものよ…。
土を作り、持って歩くのが、私たち歩く植物。だから、あなたたちのどうぶつ。
すべてが一体の世界の中、今いる…。
きっとあなたもこれから感じる…。」

たけるのつぶやき:「早速、もう難しくなってきた…」

ティナ:「なに?なにか言った?」

たける:「いいえ、なにも…」

ティナ:「だから私たちが腸と呼ぶ器官は、大地を、土を創ってそこからエネルギーを取り込んでいるの…そこに住む細菌さんたちが素粒子変換して、その細菌さんたちのおかげで、このひとつなる世界はいつも美しく輝いている…。
必要なエネルギーを供給している… 私たちは、だから動けるし、空も飛べる…」

たける:「エッ…空を飛べるんですか…?」

ティナ:「当然…飛んでみる?一緒に…。」

たける:「ハイ…」

ティナ:「やっぱりまじめ…」

ティナ:「この美しい世界を見せてあげる…
すべてが一体なる世界…行くわよ!」

たける:「ハイ…やっぱり僕は、マジメかも…」

ものすごく強い反重力を感じた瞬間、僕は空中へふわっと浮き上がっていた。
何か突き上げるような感覚だ…。
ティナと手をとると、不思議に空を飛べた。
そこには美しき世界が広がっていた…。
すべてのものがひとつだと感じるあたたかなハートがある。

それは人や動物たちだけでなく、木々や水たち、空気や山々すべてが、
分離した、自己拡大のない、自我の野心のない、独占のない、
分側に味方につけようと誰もしない。誰一人誰かを勝ち取ろうともしていない。
思いやりと親しみ、愛しみのまなざしに
すべてがあふれているようにもなぜか感じた……。

僕のいた世界にはまったくなかったものだ。
あの分離の世界で、それが僕は怖かったんだとつくづく今、感じている…。
父の言う通りだった。それをまったく僕は感じられずにいたのだ。
その何かを今感じてる……。
これこそが愛と呼ぶ、本当のものなのか…。
空を泳ぎながら、美しいだけでない、
真に美しい世界を飛び、僕は強くそう感じた…。
この美しき世界をティナと飛んでいる。
言葉をこえて、ティナは伝えてくれる。
つないだ手をあたたかく通して…。
山でも、川でも、海でもない。
そう名づけ、呼んでいるけどすべてははかりしれない未知なる何か。
分離を信じなくていい。私たちは未知の中に今いる。
分子をこえている、とわにわからぬところ。
美しき神々の世界。すべては創造の神の夢。
大丈夫。何があっても、とわに夢の中…。
神秘の中を私たち泳いでいる…。

ティナ:「しっかり手を離さずにいて。今からあの崖の中を通りすぎてみる」

たける:「エッ何!」

たける:「ウワァ~」

ティナ:「行くわよ。怖がらないで。あなたと同じもの。同じ神の想念。同じ物の中へ入る…。」

たける:「僕は岩をすりぬけた…。岩の中は光輝いていた…
岩ではなかった…。 何ということか…奇跡か、夢か、わからない…何もかも…。
岩は、僕だった…。すべてが僕だった…。」

岩も山も、谷も川も、すべてが私たち自身。
同じ輝きでできている…。
あの森も、海も…すべて…。すべてが愛の夢、神様の夢…。
僕は、現実感という分離感から真実の世界に目覚めだしているかのようだった…。
それから数時間、夢のような愛しさの中、
美しき何かの中で、言葉も、我も、隔たりも消えていった…。
そして、美しき時は流れ、二人、大地へと降り立った…。

ティナ:「父が待ってる…村へ案内する…」

たける:「ハイ…」

ふらふらする。体重がない感じだ…
ティナに連れられて、少し歩いた。
周りの森は夕暮れを迎えようとしていて、美しかった。
後ろを振り返ると、動植物君たちが一緒についてきてくれていた…。
なぜか嬉しかった…。
村が見えてきた。多くの人が手を振っている。

たける:「歩くこともできるんだね…」

ティナ:「当然…」

たける:「あの真ん中の人、お父さん…?」

ティナ:「なぜわかる?真ん中だから?…」

たける:「いや、君と同じ光を持っているから…」

ティナ:「スゴイ、それを感じるんだ…。ステキ。そして、アタリ…。」

ティナ:「あなたの父と親友だった…ときをこえて…」

ティナ:「私たちもきっとそうなる…」

たける:「エッ…そう……」

周り中に村の人々…
村の人たち…この人々はいったい何だ…
まったく人間ではない…。
見た感じは人であるのに、人ではなく、美しい何か。

たける:「みなが普通じゃない…」

ティナ:「みんな普通だヨ…。
そうか、もしかしたら、分離がないからかナ…」

たける(ひとりごとのように):「分離がない…自己や自我のない…
戦いや比較、競争や奪い合いがない。
勝ち取りの野心のない人々は、このように見え、感じるのか…。」

たける:「スゴイ 人類は何をしてきてしまったのか…。」

たける:「人は、このようにもなれるのか…。
このように美しく、愛しくも…。」
僕は人の、そして人類の可能性を今、まじまじと見てしまっている。その場から動けなくなっている。

この人たちが醸し出している不可思議なエネルギーは、
愛と呼ぶものなのか、わ か ら な い……。
僕には今まで見たこともないものだった…。
分離のない世界の素晴らしき恐ろしさを今…垣間見ている…。

ティナ:「パパ。やっとおじさまのご子息が、未来からやってきたわ…」

長: 「たける君。待っていましたよ…」

たける:「アッ…ハイ…たけるです…
よろしくお願いします…。」

ティナ:「やっぱマジメ…フフフ…」

たける:「今ティナさんにそら、
いや、 空中をあ ん な い して…もらいました…。
ハァ……。」

長: 「大丈夫…?」

たける:「アッ…ハイ…」

たける:村の人たち、沢山いるのになぜか静か…。
愛がある、なぜかそう感じる…
たくさんいるのにひとりのよう…不思議…

たける:「ありがとうございます…。」

長:「来てくれて嬉しい。待っていました。みなで…」
村のきれいな女性の人が何か持って近づいてきた…。

長:「これは、みなからのプレゼントです…。
ここで創る服です…。あなた用に紡ぎました…。」

たける:「アッ…どうも…あ・り・が……」

ティナ(さえぎるように):「ぜひ着てみてね。あなたと同じものでできている…やさしい…きっと…」

たける:僕は、ひとりの、そして大勢の人たちと共に、村の中へと歩いた。僕らの世界とまったく違った感覚。
すべてに溶け出してしまいそうな感じが、ある意味怖かった…。
まだ人間…。

分離したまま…恐れのまま…。
でも、とても幸せだった。

そこでは、すべての感覚がとてもあたたかかった…。

父さんは、ここに来て…人生が変わった…
それを理解していなかった僕…

何か悲しい、すまないと、なぜかつぶやいた。

いや、きっと、生まれてはじめて、何かを悔いたのだろう…。
これが反省ということなのか…。
僕はそのようなことを走馬灯のように考えていた…。

僕は、父さんや、リリや母さんの立場になって、真になって、その中に入って、仲間や人々の側から、この世界を見たことがあっただろうかと、ふと思った…。

今はじめて、そんなことを感じている…。
人を思いやることなどなかった…と…。

母さん……逢いたい……
リリ……父さん……謝りたい……
悲しい……なぜか……
少し今までの人類らしく、なくなってきたようだ…

たける:「ハァ……」ためいき…
うたげが始まり、あまりにも愛しい、美しい食事。
身を提供してくれる仲間たち。
果実さんや、野菜さんたちの想いに、
うかつにも目から水が出てきてしまった…。
みなと手を取り、踊った…。

悲しみと愛しさでまた、目から水が落ちた…。
下を向く、僕の開いた目…。
まばたきもできず、とてもきれいな輝く水が、なぜか落ちて…。
愛しさで鼻のあたりにこみあげ、圧力がかかったようだ…。

長:「たけるくん、大丈夫…?」

たける:「アッ…アッ…ハイ…」

ティナ:「まじめ…」
クスクスとティナがほほえむ

長:「これから、君の歓迎のうたげ。今日は祭り、いや、パーティだヨ」

たける:「アッ…どうも…」ペコリ

ティナ:「やっぱりマジメ…」

長:「君のお父さんから、みな、未来の言葉も習ったんだ…。
みな、つながっているから、山も、川も、海も、空も、大地も、動植物たちも、みな君たちの言葉を理解しているよ…」

たける:「アッ、そうなのですか……」
なんて世界だ…
すごすぎる世界…
僕はどうしても…言葉を失った…。
なぜ泣く…僕は…なぜ泣くのか…
なぜ父を‥愛し、母を想うのか…。
なぜリリや友たちが愛しいのか…。
ただただ泣きたくなる…。
悲しい…悲しい…い と し い…

まだこの時は、
もう二度と父と会えなくなることを、
僕は知らなかった…。

つづく…。

[bot_catcher]